Pマークの全てがわかるサイト

Pマークを取得している企業や事業主

Pマークを取り消された暁には、当該違反事業者名をJIPDECのウェブサイト上に公表される事となります。
処分にもいくつかの対応方法がありますが、もっとも重い処分としてはPマークの取り消し処分を受けてます。

 

信頼をもともと集める為にPマーク付与事業者として申込んだはずが、逆に大きく信用を失うことになります。

 

Pマークを取得してる企業とか事業主は、個人情報の取り扱いについて外部の厳しい審査をとおったものとして認められたこととなります。その一定の審査を受けた後も企業は実際、しっかりと個人情報を取りあつかっているのかは気になる所でしょう。

 

Pマークの取得事業者は個人情報保護法などを含めた一定のレベルを満たして認定をされる訳ですが、その後、その基準に反した個人情報の取り扱いを組織的に行っている企業はPマークの使用を取り消される措置を受けています。

 

コレはかなり厳しく2006年に708件もの個人情報を含んだ書簡、FAX、メールの誤配があって、その都度処分を受けてます。
それに、法人のときは合併や吸収、清算などの理由でPマークの使用を中止することもあります。

 

インターネットをもしPマークのことを調べているのでしたら有効活用しましょう。
多数Pマークのクチコミ情報も見ることが出来ますので、きっと参考になることでしょう。

 

最初に覚えておきたいプライバシーマークについての情報でしたら当サイトを参考にしてみてください。
Pマークについて覚えておきたいお役立ち情報を盛りだくさんご案内しています。

 

Pマーク情報をインターネットのクチコミサイトや情報サイトを利用することで簡単に見つけることが出来ます。
非常にPマークの基礎的な知識は大切ですので、ネットでまずは勉強をしましょう。